Arm Mbed End-to-End Security
  • サービスプロバイダ:ARM
  • 最終更新: 2017/05/25 0:00:00
信頼できるデバイスの識別、デバイスオンボーディング、およびサービスプロビジョニング
{{vm.prdAction.Point}} up
使用期間の制約なし
月額サブスクリプション
{{vm.prdAction.Point}} up
月額サブスクリプション
{{vm.prdAction.Point}} up
月額サブスクリプション
(Trial Available)
{{vm.prdAction.Point}} up
Monthly Subscription / Redeem
制限
アドバンテックのプロフェッショナルがお客様のビジネスのためのベストソリューションを見つけるお手伝いをします
  • サービス詳細
    イントロダクション

    セキュリティ資産を注入し、デバイスライフサイクルにわたるアクセスを管理 さまざまなアプリを使用してデバイスのアクセス権の割り当て、制御、サプライチェーンをダウン 保護されたRoot of Trust、ファームウェア更新キーおよび一般的な資産のネイティブサポート オンデバイスセキュア資産データベース。 TrustZone、TrustZone-Mを用いたハードウェアベースのセキュリティ

    特長
    • ファームウェア内、プロダクションライン上、管理Webサービスによるプロビジョニング
    • プロビジョニングポリシー:プロビジョニング権利施行、サプライチェーンの権利委任
    • トラステッド保護ルートのネイティブサポート、mbedプロビジョニングID、mbed Connect ID、ファームウェアアップデートキー、Generic Binary Large Object
    • オンデバイスセキュア*アセットデータベース
    • TrustZone、TrustZone-Mを使用したハードウェアベースのセキュリティ
    システム要件

    サポートOS

    • Mbed OS
    • Mbed Cloud client/Mbed Cloud Edge をポーティングしたRTOS

    ハードウェア要件

    • Cortex-M3 または上位MCU
    • 1MB フラッシュメモリ

    その他

    • ハードウェアroot of trust対応のセキュアメモリ
    • True Random Number Generator (TRNG)
    • RTC クロック
  • サービスアーキテクチャ
  • 価格の詳細
    {{category.PlanCategoryName}}
イントロダクション

セキュリティ資産を注入し、デバイスライフサイクルにわたるアクセスを管理 さまざまなアプリを使用してデバイスのアクセス権の割り当て、制御、サプライチェーンをダウン 保護されたRoot of Trust、ファームウェア更新キーおよび一般的な資産のネイティブサポート オンデバイスセキュア資産データベース。 TrustZone、TrustZone-Mを用いたハードウェアベースのセキュリティ

特長
  • ファームウェア内、プロダクションライン上、管理Webサービスによるプロビジョニング
  • プロビジョニングポリシー:プロビジョニング権利施行、サプライチェーンの権利委任
  • トラステッド保護ルートのネイティブサポート、mbedプロビジョニングID、mbed Connect ID、ファームウェアアップデートキー、Generic Binary Large Object
  • オンデバイスセキュア*アセットデータベース
  • TrustZone、TrustZone-Mを使用したハードウェアベースのセキュリティ
システム要件

サポートOS

  • Mbed OS
  • Mbed Cloud client/Mbed Cloud Edge をポーティングしたRTOS

ハードウェア要件

  • Cortex-M3 または上位MCU
  • 1MB フラッシュメモリ

その他

  • ハードウェアroot of trust対応のセキュアメモリ
  • True Random Number Generator (TRNG)
  • RTC クロック
{{category.PlanCategoryName}} もっと見る

関連サービス